大阪で七五三写真撮影ならハニー&クランチのTOP > 大阪・京都・神戸の七五三お参り神社のご紹介。 > 京都の七五三お参り神社のご案内 > 今宮神社のご案内

 

今宮神社


今宮神社
〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21
TEL 075-491-0082 URL http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/
営業時間 9:00~17:00

今宮神社へは、HONEY&CRUNCH JR京都駅前店から車で約25分とお参りにとても便利な場所にあります!(以下の地図は現時点での渋滞情報などが加味されたリアルタイムでの所用時間となっております。)

 

七五三・お宮参り情報

拝観時間:自由参拝
祈祷時間:15分程度
受付時間:9:00~17:00

【ご祈祷料】
七五三 お一人  8,000円
お宮参り 10,000円
受付は当日お越しいただいた方から順にご案内だそうです。

七五三のご祈祷後には、
・千歳飴
・お守り
・お菓子

お宮参り
・お守り

10月から12月は七五三のお参りで混み合ってくるようです。
時期を外して(1−9月)ご祈祷に行かれる際は前もってご連絡ください。とのことです。
時期を外しても七五三用のおさがりを用意してくださるようです!

詳しくは今宮神社にお問い合わせを☆

七五三の行事には、「碁盤の儀」 と呼ばれる儀式があります。

皇室の伝統行事としてのみならず、古くから公家・貴族や武家において行われてきました。秋篠宮家のご長男・悠仁さまも「着袴の儀」でしてらっしゃいましたね♪

碁盤の上に乗って
お祝い・祈願をするのですが、
碁盤の上に乗るのは、碁盤の目のように
節目正しく、身も心も美しく育つよう、また、
(囲碁は勝負を競うものであることから)人生や勝負の運を自分で開いていける
よう願いを込めるという意味があります。

なかなかこの儀式をしてくださる神社がないように思いますが、今宮神社では、してくださる事もあるのだとか…!

そして、この神社には「阿呆賢さん(あほかしさん)」という重軽石があるのをご存知ですか?
本殿に向かって左側にあります。ちょんとありますので、うっかり見過ごしちゃうかも!お堂の中の座布団に鎮座しています。手の平で三度石を打ち、持ち上げ、再度願い事を込めて三度手の平で撫でて持ち上げる。軽くなれば願いが成就する。
とのことなので、やってみました!一度持ち上げた時、ぜんっっぜんあがりませんでした!あがるわけないやろ~と芸人風に思いながら、願いを込めて持ち上げると…!!!!!!
あがったーーーーーーーーー!!!!wwwww
私、願いが成就するようですw


今宮神社の写真1

京都駅からは公共交通機関を使って1時間程で、タクシーやお車であればおよそ40分で到着!
駐車場もあります!
乗用車44台 有料
最初の1時間:100円 以降30分毎:100円
12/31~1/5 1時間:500円
で利用できるようです。

今宮神社の写真1

ここは、1001年5月9日疫病が流行したため、疫神さんを船岡山から現在地に移し「今宮社」と名づけられ、「今宮」は、新たに設ける宮という意味だそうです。

今宮神社の写真1

また、京都西陣の八百屋の娘(お玉)が、3代将軍(家光)の側室になり、5代将軍(綱吉)を産み、生母(桂昌院)として大奥で権勢をふるいました。
このことが、「玉の輿に乗る」の起源といわれています。
桂昌院は、戦国の世以降、今宮神社が荒廃していたのを復興された。
それゆえ、今では今宮神社は、「縁結び」の神様& 「玉の輿」の神様といわれています。
通称「玉の輿神社」
恋愛・結婚にもご利益があるだなんて…♡
婚活女子にはぜひ一度行ってみてほしい!w

今宮神社の写真4

東門を出ると名物「あぶり餅」のお店が2軒あります。
南側かざりやは江戸時代創業400年、北側の一和は長保2年でなんと1000年以上の歴史があります。
たいむスリップしたかのような風景でした。
「あぶり餅」とは、きな粉をまぶした小さいお餅を竹の串に刺して炭火で炙り、焦げ目がついた状態に甘い白味噌をかけた餅です。
もちもちで、白味噌がよくからんで、とても美味しかったです。
今宮神社名物「あぶりもち」
ぜひお召し上がりください♪


※上記の情報は平成28年5月頃の取材情報です。現在は異なる可能性がございますのでお参りの際は営業時間や祈祷の方法・価格などは必ず先方にご確認くださいませ。もし訂正がある場合はaaa[アットマーク]8296.jpまでいただければ幸いです。

 

フォトギャラリー