大阪で七五三写真撮影ならハニー&クランチのTOP > 大阪・京都・神戸の七五三お参り神社のご紹介。 > 京都の七五三お参り神社のご案内 > 長岡天満宮のご案内

 

長岡天満宮


長岡天満宮
〒617-0824 京都府長岡京市天神2丁目15−13
TEL 075-951-1025 URL http://www.nagaokatenmangu.or.jp/
営業時間 9:00~18:00

長岡天満宮へは、HONEY&CRUNCH JR京都駅前店から車で約25分とお参りにとても便利な場所にあります!(以下の地図は現時点での渋滞情報などが加味されたリアルタイムでの所用時間となっております。)

 

七五三・お宮参り情報

ご祈祷時間:9時30~16時
祈祷料:8,000円~

神社の行事等でご祈祷できない時間帯もあるようなので、事前にお問い合わせをオススメします!

専用駐車場有

第1駐車場:最初40分無料、以降30分毎に100円
第2駐車場:30分毎に100円(1日最大600円)
※ご祈祷をお受けの方は2時間まで無料

駐車場もあるようなので一安心ですね。


長岡天満宮の写真1

見通しの良い広い道路に面した長岡天満宮。
おおきな階段が待ち構えていました。インパクト大です。

長岡天満宮の写真2

現社地周辺は平安時代、菅原道真の所領であったとされ、道真が在原業平らと共に、 しばしば遊んで詩歌管弦を楽しんだ縁深いところであるという。 道真が太宰府へ左遷された時、長岡に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだという。

長岡天満宮の写真3

鳥居をくぐると、八条が池があり、たくさんの鯉や亀がお出迎え。中堤を歩くと鯉が口をあけてついてきます。「めっちゃ来るやーーーーんw」と逃げていましたが、気がつけばもう付いてきていませんでした。それもそれでなんだか寂しかったですねw
おそらく、餌をくれるのかと期待していた…?w

長岡天満宮の写真4

本殿の方に進むとまた階段…。お子様やご高齢の方には辛いかも…と思いましたが、とても風通しがよく、ゆっくりとした時間を感じながら、一歩一歩進むのもいいな…と思います。

境内には沢山のもみじの木。
七五三のお参りは11月!タイミングがあえば、キレイな紅葉が見れるかもしれませんね☆
七五三に出てくるお菓子としては「千歳飴」が有名かと思いますが、どうして千歳飴なんてネーミングがついているのか…。と疑問を感じたことはないですか?

江戸時代の浅草寺が発祥とされるこの雨は「千年寺」というネーミングでうりだされたそうで、現在の「千歳飴」のネーミングはその「千年飴」から来ているとされていますね。

当時はまだ甘いものが貴重でこうした飴も子供も大人もありがたい贈り物だったというわけです。

ちなみに千歳飴の長さって「直径15mm位、長さ1m以内 」といった具合に規定があるそうでねばり強く細長い形状そして縁起のいい紅白の飴には

「親から子への長寿の願い」が
かけられているといいます。

些細な事ですが、意味を知るとまた特別な日になりますね★

個人的にお気に入りの場所が紅葉庭園!!辺りを見渡せるような位置に腰を休める場所があります。静かで鳥の囀りや、風の音を聞きながらゆっくりと庭園を眺めて…。5月の平日に参拝したので、人通りはあまりなかったですが、そこがまた良かったです。本当にここが現代なのかと思うほどの風景でとても癒やされました。

それにしても結構広い。勝手にこじんまりした神社だと思い込んでいたのですが、明治時代まではこの5倍の広さがあっようです。

敷地内にあるタケノコ料理で有名な料亭「錦水亭」
この入口はなんともジブリに出て来そうな雰囲気の佇まい。
渋いです。興奮しました。


※上記の情報は平成28年5月頃の取材情報です。現在は異なる可能性がございますのでお参りの際は営業時間や祈祷の方法・価格などは必ず先方にご確認くださいませ。もし訂正がある場合はaaa[アットマーク]8296.jpまでいただければ幸いです。

 

フォトギャラリー