大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 七五三のお祝いをスムーズにするコツ!記念写真の前撮りはいつ撮るのが正解?

2019.3.8

七五三のお祝いをスムーズにするコツ!記念写真の前撮りはいつ撮るのが正解?

73View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

子どもが七五三を迎えたときには、記念写真を撮影して大事な瞬間を残しておきたいものです。

しかし七五三の写真を撮るにあたって悩んでしまうのが「いつ頃撮影すればいいのか」ということではないでしょうか。

はじめての七五三を迎える前に知っておきたい、七五三の写真にまつわるルールやポイントを確認していきましょう。

七五三のお祝いはいつすればいい?

一般的に七五三は、11月15日とされています。

しかし、11月15日が必ず休日になるわけではなく、仕事のある日にはお参りに行ったり、会食をしたり、着付けをして写真を撮影したりすることが難しい場合もあるのではないでしょうか。

その場合は、11月15日に近い土日などの休日に、しっかり時間を作ってお祝いをすることが一般的です。

女の子のお祝いが三歳と七歳、男の子のお祝いが三歳と五歳です。

現在では、数え年ではなく満年齢でのお祝いが一般的になっています。

兄弟や姉妹がいる場合、数え年と満年齢を組み合わせて一緒にお祝いをすることもあります。

日付にしても、お祝いする年齢にしても、柔軟に対応するご家庭が増えているのです。

七五三の前撮りをするのはいつがいい?


七五三のお祝いやお参りを11月15日に近しい日程でやるように、写真撮影に関しても当日におこなう必要はありません。

忙しい人の場合は写真撮影のあとお参りやお食事会など、一日にすべての予定をつめこみたくなってしまうかもしれませんが、やめておきましょう。

大人にとっては無理のないように思えるスケジュールでも、子どもにとっては厳しい場合、体調を崩したり不機嫌になったりする可能性があります。

せっかくの記念写真なのに、主役がふてくされた表情で映っているのは悲しいものですので、よく考えて日程を調整してください。

多くのご家庭では10月中を目処に、家族の予定をすり合わせて前撮りの日程が決められます

だからこそ、秋ごろのフォトスタジオはとても混雑し、希望日に予約がとれない可能性もあります。

11月15日にできるだけ近い日程で撮影をするのであれば、8~9月の段階で撮影したいフォトスタジオを見つけ、できるだけ早く予約をとっておくことをおすすめします。

そしてフォトスタジオを予約する際には、撮影の時間を午前と午後どちらにするのかも決めておきましょう。

写真撮影そのものはスムーズに行けば20~40分ほどで終了しますが、撮影のための着付けやヘアメイクは時間がかかります。

タイミングによっては、子どもが眠くなる時間にさしかかり、いい写真が撮れなくなる場合もあるため、コンディションを整えられる時間帯をよく検討してください。

夏前から準備をするのもあり!

一般的な七五三シーズンが11月といっても、前撮りをするのであればその時期にこだわる必要がありません。

フォトスタジオにとっても、混雑しあう時期をずらして前撮りをしてくれるお客さんはありがたい存在のため、早い時期に撮影をおこなうことでさまざまな特典を用意している場合があります。

フォトスタジオによっては、4月~6月など夏前の時期から「七五三前撮りキャンペーン」を実施しています。

特典の内容も、着物のレンタル料など本来有料になるオプションが無料になる、無料で撮影データを受け取ることができる、撮影料金が○○%OFFになる……など豊富に用意されています。

さらに、普段ならレンタルできない衣装を借りることができたということもあるようです。

子どもにとっても、混雑するシーズンのあわただしい雰囲気の中で撮影する場合よりも、落ち着いた雰囲気での撮影の方がリラックスしやすくなります。

自然な笑顔の、その子らしい写真もスムーズに撮影できるかもしれません。

また、早めに前撮りをおこなうことによって、万が一トラブルで延期にしなければいけないことになっても、余裕を持って行動できます。

当日に子供が体調を崩してしまった、自然災害の影響で外出が難しい、というときにも「今日はキャンセルにして、万全の体制でいい写真をとってもらおう!」と考え直すことができるので、心に余裕が生まれます。

撮影日を決定するときの注意点


フォトスタジオの予約をするときには、あらかじめ候補の撮影日について3~4つ程度挙げておきましょう。

予約の埋まりやすい七五三シーズンは早めに連絡したつもりでも、一年前から予約が入っているなどの理由から希望日が取れない可能性があります。

そのたびに計画を練り直し、再度連絡する……という手順を踏んでいれば、入れ違いでほかのお客さんに希望日の予約をいれられてしまった、ということもあり得ます。

七五三という大事なイベントをお祝いしてほしいと、遠方の祖父母や親戚を招待する場合はなおのこと、全員分の予定をしっかり確認しておくことが欠かせません。

写真撮影の当日はほかの予定を入れず、食事やお昼寝のタイミングも整えてフォトスタジオへ向かいましょう。

衣装を持参する場合には、当日の朝にバタバタしないよう、前日までに忘れ物がないかチェックしながら必要なものを用意しておくことも大切です。

まとめ

せっかくの七五三だからこそ、記念写真も納得のいくものを撮影したいですよね。

早めに準備しキャンペーンなども利用することで、思い出に残る七五三が実現しやすくなりますよ。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます