大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 入園入学の記念写真を撮ろう!撮影のおすすめ時期と撮影のポイント

2020.2.6

入園入学の記念写真を撮ろう!撮影のおすすめ時期と撮影のポイント

44View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

入園・入学シーズンがやってくると、準備に追われ目まぐるしい日々を過ごすものですよね。

そんな中でも、忘れてはいけないのが「記念写真の撮影」です。

入園や入学の記念写真について、どんなタイミングで、どのように撮ればいいのか撮影のコツをご紹介していきましょう。

入園・入学写真のおすすめタイミング

入園・入学写真を撮影しようと思っていても、いつ撮影すべきか悩んでしまうのではないでしょうか。

そうして時期をうかがっているあいだにタイミングを逃し「もう入園・入学っていう時期でもないよね」、「七五三の写真も撮らなきゃいけないからもういいか」と消極的になってしまっては、もったいないものです。

写真撮影におすすめの時期として、4月後半のシーズンが挙げられます。

4月の前半は、学校や施設での生活に慣れていないことから子どもが緊張したり、体調を崩したりしやすい時期です。

新しい環境での生活に慣れはじめる時期を狙い、子どもにとってストレスを抑えにくい環境で写真撮影を行うといいでしょう。

5月頭にずれこむと、今度はゴールデンウィークと重なっていっそう忙しくなったり、予定を立てにくくなったりするため注意が必要です。

一方で「記念写真は家族みんなで撮影したいから、遠方に住んでいる祖父母や親戚にも声をかけたい!」というときには、あえて長期休暇シーズンを選ぶのもいいですね。

記念写真はどんな写真を撮影する?


入園・入学写真を撮影するときには、新しい環境で使う服やアイテムを身につけるといいでしょう。

例えば園服や保育園のリュックサック、ランドセルのように学校や施設を象徴するものがあるなら、写真館に相談した上で撮影の際に持ち込みましょう。

中学校や高校のように制服がある学校の場合は、制服を着て撮影するのがおすすめです。

制服がない場合には、もちろん私服でもかまいません。

あえて着飾るのではなく、いつも着ているお気に入りの服を着ていくことで、見返したときに当時を懐かしく思い返せるようになるでしょう。

もちろんスーツやワンピースなどのきっちりとした衣装を用意すれば、写真館での撮影ならではの重厚な雰囲気の写真が撮れるというメリットもあります。

それぞれに違った魅力のある写真になりますので、どんな写真が理想かよく考えて撮影するといいでしょう。

決めきれないときは、2ショット、3ショットに対応してくれる写真館で「私服パターン」、「正装パターン」の両方を撮影するのもいいですね。

本人だけでなく家族や兄弟の衣装も用意しよう

入園・入学写真を撮影するにあたって、子どもの表情や仕草が大きく分かるようにソロ写真の撮影を選ぶ人は多いでしょう。

しかし、せっかくの機会ですから親御さんや兄弟も集まって、家族写真も撮ってみてはいかがでしょうか。

家族みんなの集合写真は、きっかけがないとなかなか撮影しないものですよね。

そして、さみしい思い出にもつながる「卒業」に比べ、期待に満ちた「入学」のタイミングは、みんなで集まって笑顔の写真を撮影するのに絶好のチャンスです。

そのため、入園・入学写真を撮影するなら兄弟や姉妹、自分や配偶者の衣装もきちんとそろえておきましょう。

写真館によっては、入園・入学写真のプランに兄弟の衣装をオプションでつけられる場合やヘアメイク費用がセット料金として含まれている場合もありますので、予約時に確認してみてくださいね。

あわせてユニークな写真を撮影してみるのも楽しい!


「家族みんながスーツで着飾った写真もいいけれど、せっかく写真館で撮影するなら記念になるような写真も撮りたい!」と思うことがありませんか?

そんなときには、正装にこだわらずレンタル衣装を利用して普段とは違った服装に身を包んでみるのもおすすめです。

例えば女の子ならお姫様のようなドレス、男の子なら戦国武将のようなコスチューム、さらに着ぐるみなど、レンタル衣装には色んな種類があります。

年齢を重ねるほど着る機会がなくなりやすく、着用できるサイズもなくなっていくため、記念写真を撮影するタイミングでさまざまな衣装を試してみましょう。

プランによって「○着までなら無料でお着替えOK」というサービスもありますので、参考にしてくださいね。

入園・入学写真を撮影するときの注意点

入園・入学シーズンは、どこの写真館も混雑しやすくなります。

そのため、できるだけ早めに予約をしましょう。

特に土日は予約が偏りやすく、すでに予約が埋まっている可能性もあります。

スムーズに予約するためにも、第一希望のほかに希望の日時を3~4パターン用意しておきましょう。

まとめ

入園や入学のタイミングでは、晴れ晴れとした表情の楽しげな写真を撮影しやすくなります。

家族みんなで集まって記念写真を撮影するチャンスでもあるため、予定を確認した上で都合のいい撮影日を決定しましょう。

撮影日が決まり次第、早めに予約をして大事なシーンをしっかり写真に納めてくださいね。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます