大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 子どものゲレンデデビューにおすすめ!スノーアクティビティ5パターン

2019.11.27

子どものゲレンデデビューにおすすめ!スノーアクティビティ5パターン

39View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

冬休みのおでかけと言えば、やはりゲレンデでのウィンタースポーツが外せないのではないでしょうか。

しかし小さな子どもの場合、スキーやスノーボードに連れて行ったところで、ちゃんと楽しめるのか不安になってしまいますよね。

そこで、小さな子どもがゲレンデデビューするのに最適なアクティビティをご紹介していきます。

まずは雪遊び広場で雪に慣れよう

ゲレンデデビューでは、なにより雪に慣れることが大切です。

多くのゲレンデには「雪遊び広場」など、子ども向けの雪遊びができるゾーンが用意されていますので、まずは雪に触れるところからはじめましょう。

具体的には、雪合戦、雪だるまづくり、かまくらづくり、雪のすべり台といった遊びを楽しむことができます。

ターザンロープなどの遊具やアスレチックが用意されていることもありますので、家族みんなで楽しみましょう。

さらに、雪遊びゾーンとともにゆるやかなこう配のそり専用エリアを展開しているスキー場もあります。

親御さんが一緒にそりに乗って、後ろから子どもを抱きかかえるようにすれば安全に楽しめるため、スキーやスノーボードにはまだ早いという小さなお子さまでも安心です。

スキー教室なら子どもも初心者も安心


ゲレンデの環境に慣れ「いよいよスキーにチャレンジしたい!」と思ったときには、スキー教室のあるゲレンデを利用しましょう。

スキー教室では、はじめてスキーを経験する人へ向けて、経験豊富なスタッフがていねいに指導してくれます。

姿勢や転び方など覚えておきたいことをしっかり解説してくれ、身体を動かしながら学べるため、安全にスキーを楽しむことにつながるでしょう。

大人でも「スキーにはじめてチャレンジする」、「久しぶりなので心配」という人は、スキー教室を活用しましょう。

スノーチュービングでスリルを楽しもう

スリルのあるアクティビティを楽しみたいときには、スノーチュービングもおすすめです。

スノーチュービングとは、浮き輪のような乗り物に乗って雪の上を滑っていくスピード感満点のアクティビティです。

夏のアクティビティで例えるなら、ゴムボートに乗ってウォータースライダーを滑るように、雪の上を滑っていいきます。

バランスをとりながら進んでいかなければならないため、コツをつかむまでは「転んでしまうのでは?」と思うくらいのスリルを楽しむことができるでしょう。

コースによっては、右や左にぶんぶん揺さぶられたり、派手なジャンプをしたり迫力満点なため、ジェットコースターなどのアトラクションが好きな人には特におすすめです。

操縦にもコツがいるので、友達や家族みんなで協力でき、大人も子どもも楽しめます。

スノーストライダーのシンプルな遊びで雪に慣れよう

スノーストライダーとは、足で雪を蹴りながら雪の上を進んでいくアクティビティです。

体重のかけ方を変えると進行方向を変えられるため、バランス感覚を使って雪の上を自由に進んでいくことができます。

ブレーキやペダルもしっかりついていて、2~4歳の小さな子どもでも操作できるため、ゲレンデデビューにぴったりのアクティビティと言えるでしょう。

実際にストライダーをやったことがある子なら、すぐにコツをつかんで楽しめるはずです。

また、「子どもがストライダーに興味を持っているけれど、怪我が心配でなかなか買い与えられない」という場合には、スノーストライダーからはじめてみるのもいいかもしれません。

雪の上ならコンクリートなどに比べ転んでも怪我をしにくく、楽しみながらバランス感覚を養えるでしょう。

スピード感を楽しむならスノーラフティングにチャレンジ

スノーラフティングとは、ゴムボートに乗ってスノーモービルで先導してもらい、雪の上をスピード感たっぷりに駆け抜けていくアクティビティのことです。

スノーラフティングの専用コースを駆け抜けながら、きれいな雪景色を楽しむことができます。

「小さい子どもが怖がらないか不安」というときには、先導するスノーモービルのガイドさんに「ゆっくりお願いします」とお願いしてみてください。

よりスリルを感じたいときには「スピードを出してもらいたい」と伝えることもできるので、希望にあわせてリクエストしましょう。

自ら操作したりバランスをとったりするスポーツとは違いますので、小さな子どもや運動神経に不安がある人でも楽しめます。

まとめ

スキーやスノーボードと言うと、小さな子どもには難しいスポーツのように思えるかもしれません。

しかしゲレンデでできるアクティビティは種類豊富なので、まずは簡単なアクティビティからはじめて、雪に慣れたら本格的なスノースポーツデビューを飾りましょう。

色んなアクティビティを提案しながら、子どもの興味を引く遊びを見つけてくださいね。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます