大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 赤ちゃんの記念写真には「裸」もおすすめ!ベビーヌードの撮影術

2019.9.20

赤ちゃんの記念写真には「裸」もおすすめ!ベビーヌードの撮影術

63View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

成長が早い赤ちゃんの様子は、たった数週間ですっかり変わってしまうものです。

記念写真を撮影するなら、そのときにしか撮れない特別な写真を撮影したいですよね。

そこでおすすめなのが「裸」での撮影です。

ベビーヌードをおすすめする理由や撮影時のポイントをご紹介していきましょう。

ベビーヌードとは?

ベビーヌードとは、その名の通り赤ちゃんのヌード写真のことです。

フルヌードで撮影する場合や、おむつだけつけた状態で撮影する場合などパターンがあります。

年齢を重ねるごとヌード写真を撮影するハードルは高くなるからこそ、赤ちゃんのときにこそ撮影しておきたいテーマと言えるでしょう。

ベビーヌードは、お肌のやわらかさやぷにぷに、むちむちとした質感を写真におさめられるのも魅力です。

より印象的な写真を撮影するためには、撮影をするタイミングや撮影時の衣装にもこだわりましょう。

ベビーヌードのおすすめ時期は?


ベビーヌードを撮影するなら、生後3か月から1年ほどのあいだがおすすめです。

もちろん、それ以前、以降がいけないわけではありませんので、ご予定やご都合、赤ちゃんの発育に合わせて検討してみましょう。

3ヶ月ごろになると赤ちゃんの表情が豊かになるため、笑顔が見えはじめるでしょう。

撮影の際にも、ぐずることなくかわいい表情を見せてくれるかもしれません。

ベビーヌードの撮影ポーズは基本的に、ベッドやマットの上に寝かせてあおむけの状態で撮影することになります。

そのため、寝かせると泣いてしまう新生児は、もう少し大きくなってからのタイミングを選ぶのもいいかもしれません。

ハーフバースデーの記念とお祝いとしてベビーヌードの撮影をすることも多いため、そのタイミングを狙ってみるのもいいでしょう。

さらに1歳が近づくと行動範囲も広くなり、うつぶせやハイハイをしているポーズ、お座りのポーズ、おもちゃで遊んでいるポーズなど撮影の幅も広がります。

写真館で撮影をお願いするときには対象年齢が設定されている場合がありますので、あらかじめ確認することをおすすめします。

例えば「ベビーヌード撮影は6ヶ月までの赤ちゃんが対象」とされている写真館であれば、ハーフバースデーの記念撮影をする際にも少し早めに準備をするといいですね。

ベビーヌードの撮影に適した衣装は?

ベビーヌードでは、フルヌードで撮影するか、衣装を着せて撮影するか選べます。

おむつを外すのが心配な場合には、おむつが目立たないような衣装を着せてあげましょう。

例えば、かわいいレースのおむつカバーやかぼちゃパンツなどを身につければ、おむつが目立たなくなるだけでなくよりかわいい印象を引き立てることができます。

おむつカバーやパンツにあわせて、帽子や靴下を用意するとますます統一感が出ます。

もっと華やかな雰囲気にしたいなら、天使の羽など目立つコスチュームを用意するのもいいですね。

フルヌードで撮影するときに準備すべきこと

先ほどご紹介したように、ベビーヌードは、おむつを外したフルヌードで撮影することもできます。

その場合は大事な部分を少し布で隠してあげるようにして、撮影にのぞみましょう。

おむつを外すことで汚れてしまわないか心配に感じられると思いますので、もし汚れてもすぐに拭ける場所を選び、撮影時にはおしり拭きやウェットティッシュなどを用意しておくことをおすすめします。

赤ちゃんを寝かせる場所には、布を敷いてあげてもいいでしょう。

汚れてもいいものがあれば、ふわふわのマットやファーなど写真映えするアイテムを敷いてみるのもおすすめです。

写真館でベビーヌードの撮影をするのがおすすめ


赤ちゃんのときにしか撮影できない、一生ものの記念になるからこそベビーヌードの撮影はプロのフォトグラファーにお願いしましょう。

写真館では、前述のようなかわいい衣装の貸し出しをしてくれることもあります。

また、オールヌードの撮影を希望しているのであれば、写真館側もおもらし対策をする必要があることからあらかじめ問い合わせて確認することをおすすめします。

予約時には、できれば土日祝日や繁忙シーズンのように混み合うタイミングを避けましょう。

七五三シーズン、ウエディングシーズンのように多くの人が写真館に出入りする時期は、赤ちゃんも落ち着かずストレスにつながりやすくなります。

もし、当日の体調不良などで撮影ができなかった場合にも、混み合っている時期には代わりの日を見つけるのが難しくなってしまいます。

できれば、混み合わない平日の余裕のある時間に撮影することで最高の一枚が撮りやすくなります。

まとめ

赤ちゃんのうちにしか撮影できないベビーヌードは、大切な思い出のワンシーンになるはずです。

衣装やポーズにこだわりながら、納得のいく一枚を撮影しましょう。

写真館では衣装や小物の貸し出しといったサービスを利用できるほか、プロの撮影技術を実感できますよ!

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます