七五三写真を大阪・大阪天満宮・神戸三宮・生田神社・京都・豊中千里中央・堺・北摂・心斎橋・住吉大社でなら写真撮影スタジオHONEY&CRUNCH > 今日の大阪天満宮 > 天神祭まで約1ヶ月(今日の大阪天満宮)

2016-06-20

天神祭まで約1ヶ月(今日の大阪天満宮)

平成28年6月20日、今日の大阪天満宮。

大阪天満宮の顔パネル写真

前まではなかった、繁昌亭の前に顔はめパネルが!
落語家さんになりきれます(笑)

天神祭奉納花火のご案内看板

まもなく天神祭があるので、境内には法被や花火のレプリカがありました。

奉納花火の写真

見るだけで夏気分〜♪

川端康成の誕生石碑

天満宮を出ると目の前に、川端康成の生誕の地の石碑を見つけました!
読んでいると、川端康成と誕生日が一緒でした〜!なんだかちょっと嬉しくなりました。

近くにある五代庵さんという梅干し屋さんに寄り道。

大阪天満宮近くの五代庵の店舗写真

様々な種類の梅があり、ご飯が食べたくなりました

店内に「申年の梅」という文字を見つけ、どういうこと?
と気になりお店の方にお話を聞いたところ、
「申」と「去る」をかけて、「厄が去る」という語呂合わせで昔から申年は縁起を担ぐようになり、
「申年の梅」は平安時代に村上天皇という方が疫病にかかった時に、梅を食べて回復したそうで、その時「申年」だったそうです。
そこから申年にとれた梅は縁起がいい、健康で長生きできるという風習が広まりました。

申年に実り、その年の恵方の方角にある梅の木から収穫される梅の実を使って漬けるのが「申年の梅」だそうです。

梅つながりで、

菅原道真は桜よりも梅の木を大事にしておられ、桜の花ほど華やかではないけど、冬の寒い時期に花をつける梅に魅了されていたそうです。
道真公の和歌には、梅に関する和歌がたくさんあります。
天満宮は道真公が祀られていると言うこともあり、天満宮にはあらゆるところに梅のマークがたくさんありました!

天神橋筋商店街を抜けた先にある、Bistroやまごや へ行ってきました!

大阪天満宮近くのビストロやまごやさん

チーズハンバーグランチと日替わりランチ(行った時は鶏マヨポン酢)

チーズハンバーグの写真

ハンバーグはとってもジュージーで肉汁が出てくる〜〜〜

日替わりランチの名前

鶏マヨポン酢も美味しかったです!!

 

大阪天満宮で七五三写真ならHONEY&CRUNCHへ!大阪天満宮から徒歩5分です。