大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > カメラの種類と特徴は?子どもの撮影に適したカメラをご紹介!

2019.6.17

カメラの種類と特徴は?子どもの撮影に適したカメラをご紹介!

102View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

子どもの成長を実感するためにも、毎日の何気ないシーンを写真や動画に残しておきたいと思うのではないでしょうか。
一方でどんどん新しい製品が登場している今、どんなカメラを利用すればいいのか悩んでしまうでしょう。

今回は、初心者にも使いやすいカメラについてご紹介していきます。

カメラの種類には何がある?

まずは、カメラの種類を知るところからはじめましょう。
一般的によく利用されているカメラには、「デジタルカメラ」、「ビデオカメラ」、「一眼レフカメラ」などの種類があります。
家電量販店に足を運べば、これらのカメラを実際に手に取りながら違いを実感できるでしょう。

さらに、最近ではスマートフォンに付属されているカメラ機能も、ますます精度が高くなっていますので、使わない手はありません。
それぞれの特徴について、さらに詳しく理解した上で用途に合わせて最適なカメラを使い分けましょう。

デジタルカメラの特徴


まず、主流のカメラとして欠かせないのがデジタルカメラです。
他のカメラと大きく違うのがサイズで、小さく軽量な製品が多いため持ち運びが簡単です。

一台で写真や動画を自由に撮影できることも魅力で、カメラを構えた状態で「今、この瞬間は動画の方が適している」と感じたときにも、すぐに切り替えることができます。

動画の精度は動画専用のビデオカメラに比べやや劣るものの、使いやすさや利便性を求めるときに重宝するでしょう。
レンズ交換はできませんが、その分モード切替が自由にできるため、使いこなせれば明るさや被写体までの距離など環境の影響を受けず、理想の写真を撮影しやすくなるでしょう。

ビデオカメラの特徴

動画を主に撮影するのであれば、やはり動画撮影に特化したビデオカメラを使うべきでしょう。
動画の撮影ではバッテリーの消費も激しくなりますが、ビデオカメラは大容量バッテリーで安心して使える製品が少なくありません。

子どもの運動会や発表会のように、長時間のイベントでも大事なシーンを逃すことなく撮影できます。
また、動画を撮影する際には写真撮影以上に手ブレの影響が大きくなるため、手ブレ補正の精度にこだわった製品が多い傾向にあります。

それ以外にも光学ズームなどの機能も充実しており、子どもが遠くにいる場合にも印象的な撮影を叶えます。
一方で、コンパクトタイプのカメラと違い重みのある製品が多いため長距離の移動や長時間の利用では億劫に感じられるかもしれません。
利用中のストレスは、三脚の併用などを活用し軽減しましょう。

デジタル一眼レフカメラの特徴

写真の撮影に特化し、またハイクオリティな写真を撮りたいときに最適なのがデジタル一眼レフカメラです。
近年、ますます多様な製品が登場しており、レンズのバリエーションも増えています。

周りをぼかしたり明るさを調整したりと表現力も多彩で、写りをファインダーで確認しながら撮影できるのも魅力です。
オートフォーカスセンサーが搭載され、ワンタッチで素早くピントを合わせることができます。

子どもの運動会のように、動きのあるシーンでも活躍するでしょう。
デメリットとしては、他のカメラに比べコストがやや高くなってしまうことが挙げられるでしょう。

また、ずっしりと重量がある製品が多く、持ち運びのストレスが気になるときにはあまり適していません。

ミラーレス一眼カメラの特徴


デジタル一眼レフよりも軽く、持ち運びのストレスを軽減してくれるのがミラーレス一眼カメラです。
シンプルな構造でありながら、しっかりレンズ交換もできるためデジタル一眼レフカメラ初心者の方にもおすすめできます。

Wi-Fiなどの機能がついているものも多く、撮影したデータの管理も簡単です。
子どもの運動会や発表会を撮影したあと、ママ友とデータを共有するときにも役立つでしょう。

一方で、やはりコストは高くつきやすく、それでいて一眼レフに比べ交換レンズが限られています。
デジカメよりも高品質で、デジタル一眼レフよりも手を伸ばしやすいカメラをお探しのときにはおすすめです。

スマートフォンカメラの特徴

「荷物が多いから、少しでも減らしたい」、「カメラを持ち込むのが億劫」という場合には、スマートフォンのカメラを活用するのもいいでしょう。
カメラを持っていないときにもサッと撮影でき、写真や動画などのモードの切り替えも簡単です。

特にカメラの精度にこだわっている機種であれば、十分な画質の写真が撮影できます。
とは言え、やはり一眼レフカメラやデジカメに比べると劣るため注意しなければいけません。

バッテリーの精度は機種に由来し、メールや電話など他の機能を使っているあいだに電池切れになり、いざカメラを使いたいタイミングで使えなかったということにもなりかねません。

カメラを別途持ち歩かなくてもいいという手軽さがありますが、カメラとしての機能にこだわるときには物足りなく感じるでしょう。

まとめ

種類豊富に展開されるカメラは、特徴を押さえることで持ち味を活かした撮影が叶います。
うまく活用することで、イベントのときはもちろんのこと毎日の生活の中でも写真や動画を撮影しやすくなるでしょう。

シーンに合ったカメラ選びを心がけ、大切なシーンをカメラにおさめてください。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます