大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > ハンドリガードとは?いつからどんな仕草が見られる?しない場合の原因は?

2023.1.7

ハンドリガードとは?いつからどんな仕草が見られる?しない場合の原因は?

39259View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

赤ちゃんの成長段階にもかかわる「ハンドリガード」という言葉を耳にしたことがありますか?

赤ちゃんの順調な成長の上で、ハンドリガードは必要不可欠と言えます。

具体的にいつ頃から見られるのか、ハンドリガードをしないと問題なのかといったポイントについて、解説していきましょう。

ハンドリガードとは?

ハンドリガードとは、赤ちゃんが自分の手を見つめたり、動かしたりしながらよく観察する動作のことです。

そのほかに、握った手や指、足をなめることもあります。

ハンドリガードは、大体生後2ヶ月頃から見られはじめます。

生後4ヶ月頃になると、ほとんどの赤ちゃんがハンドリガードをするようになるでしょう。

赤ちゃんはハンドリガードを通じて自分の手の存在に気付き、そこから徐々に手を動かし、自由に使えるようになっていきます。

自分の手の存在を知ったからこそ、興味のあるものに対し自らの意思で手を伸ばしたり、手に取ったり、つかんだりできるようになっていくのです。

自由に手が動かせるようになっていくと、次第にハンドリガードは見られなるでしょう。

ハンドリガードのパターンとは?

ハンドリガードには、いくつかの一般的なパターンが存在します。

まずは定番の手を見つめる、動かしながら観察するといった仕草です。

この仕草は、赤ちゃんが自分の末端のパーツを認識し、どのように動くのか確認するために必要な仕草と言えるでしょう。

続いて、よく見られるのが手指の先を舐める仕草です。

指しゃぶりは生理的な現象と考えられており、ハンドリガードが落ち着いた後も続く子も少なくありません。

「汚いのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、無理に辞めさせると逆効果の場合もあるため見守ってあげましょう。

また、拳しゃぶりもよく見られます。

拳しゃぶりでは、自分の手をグーの形に握り、そのまま口の中へ入れていきます。

この仕草は側から見ていると「危険なのでは?」「オエッとえづいてしまうのでは?」と不安になるかもしれませんが、こちらも定番の仕草の一つなのです。

口に入れながら手の感覚を確認していますので、無理にやめさせないようにしましょう。

そのほか、寝ているときに持ち上げた足をなめる仕草もハンドリガードの一種と考えられています。

赤ちゃんは手だけでなく目の前の足も見つめ、触り、なめることではじめて自分の足だと認識するのです。

ハンドリガードをしない赤ちゃんもいる?

ハンドリガードによって、赤ちゃんが順調に発達していることがわかります。

だからこそ、2ヶ月を過ぎてハンドリガードをしていないと「発達が遅れているのでは?」「何か問題があるのかな?」と思ってしまうかもしれません。

しかし、ハンドリガードが見られる時期ややり方は、赤ちゃんによって違います。

そのため「そろそろかも?」と思う時期に見られなくとも、不安に思う必要はありません。

ハンドリガードが見られなくても、「動くものを目で追いかけている」「手を動かしてなにか掴もうとする」という仕草があれば、基本的には問題ないでしょう。

なんらかの問題があれば検診で指摘されますので、そこでの指摘がなければ過剰な心配はいりませんよ。

どうしても不安であれば、検診の際に相談してみましょう。

ハンドリガードが見られた後の発達段階

ハンドリガードが見られた後、赤ちゃんは手指を認識し、意識的に動かすようになっていきます。

まず、生後3ヶ月頃になると両手を合わせたり、手遊びをしたりするようになります。

この頃には手のひらの触感も発達していきます。

ただ触るだけでなく、おもちゃやシーツなどの質感を理解できるようになるようです。

さらに生後4ヶ月〜5ヶ月頃になると、自分の意思で手を伸ばし、気になったものに触れる、掴むことができるようになります。

おもちゃやぬいぐるみがあったとき、興味を持って自分で触ることができるようになるでしょう。

また、少しずつ指を開いてグー、パーのような動きもできるようになっていきます。

生後6ヶ月〜7ヶ月頃には手指がさらに発達し、すべて開けるようになるでしょう。

これまで両手で同じ動きをしていた子でも、左右それぞれに違う動きができるようになっていきます。

さまざまなおもちゃを用意しておくと、赤ちゃんもあれこれと幅広く興味を持てるようになり、感性が磨かれるでしょう。

まとめ

ハンドリガードとは、生後2ヶ月頃から赤ちゃんに見られはじめる自分の手や指に興味を持ち、じっと見つめたり口に入れたりする行為のことです。

赤ちゃんによってはこの時期を過ぎても行わなかったり、指ではなく拳や足を舐めたりすることもあります。

こうしたかわいらしい仕草は、ぜひ写真に残しておくことをおすすめします。

ハニーアンドクランチでは、ファミリーにうれしいサービスを多数展開し、赤ちゃんのかわいい姿とご家族の自然な様子を撮影いたします。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます