2019.6.15

家族写真の共有におすすめ!便利なスマホアプリ7選

147View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

子どもの写真を家族や友人と共有するとき、あなたはどうしていますか?

せっかく撮影したデータがあるなら、できるだけスムーズに共有したいものですよね。

そこで今回は、スマートな写真共有をサポートしてくれるアプリをご紹介していきます。

「LINE」

まずは、写真共有のほかにもさまざまな機能を備えたコミュニケーションアプリ「LINE」です。

LINEの最大のメリットは、やはり利用ユーザーが多いことでしょう。

アプリ内でメッセージのやりとりだけでなく無料通話などもできることから、今や「メール」以上に「LINE」を利用したコミュニケーションが定番化しています。

すでにアカウントを保有しているユーザーなら、アプリの説明やダウンロードをお願いする手間がなく、思いついたタイミングでさっと写真のやりとりができるのがうれしいですね。

「Googleフォト」

こちらは検索サービスやマップなど、多彩なサービスを展開するGoogleによる写真共有アプリです。

登録した写真はラベルによって自動的に整理されるため、見たい写真をすぐに参照できます。

撮影日時、場所、内容などを踏まえてラベリングしてくれるため「あのときの写真が見たい!」と考えたとき、すぐにアクセスすることも可能です。

無料アプリでありながら、写真は最大16メガピクセル、動画は最大1080pのHDにまで対応でき、質を落とさずに保存できます。

バックアップをとったデータについてはすぐに削除できるので、十分な容量をすぐに確保できるのもポイントです。

「家族アルバム みてね」

その名の通り、まさに家族写真を共有するために開発されたアプリです。

もちろん家族写真だけでなく何気ない毎日の写真も共有でき、無料かつ容量無制限というのが大きな魅力です。

アップロードされた写真にはコメントもつけられ、閲覧した家族からの感想を受け取ることもできます。

新しい写真を追加すると共有相手にメールで通知がいくため、写真を見逃す心配もありません。

アップロードしたデータをもとに、アプリ側からムービーやフォトアルバムを提案されることもある、楽しい仕掛けが満載のアプリです。

「wellnote(ウェルノート) – 家族のアルバムアプリ」

こちらも、家族間でのデータ共有を前提にした写真共有アプリです。

自動カレンダー表示機能があるため、アップロードした写真がいつのものなのか、何歳のときの写真なのか一目で分かります。

また、母子手帳機能などの健康管理機能が搭載されていることも特徴です。

身長・体重、さらにはパパやママの血圧なども登録でき、写真共有だけでなく家族の健康もチェックできます。

さらにLINEなどで使えるオリジナルスタンプやフォトカレンダーの作成機能もあるため、アップロードした写真を参照しながら子どものオリジナルアイテムを作るのもいいですね。

「NIKON IMAGE SPACE」

写真の質にこだわりたい人におすすめなのが、人気カメラメーカーであるニコンが手がけた写真共有アプリです。

JPEGだけでなく、RAW(NEF/NRW)データも共有できるため、形式を変えたことで質が落ちてしまう心配がありません。

データの共有は、URLを送るだけという非常にシンプルな仕様も魅力です。

さらにバックグラウンド処理機能も搭載されているため、時間のかかるアップロードの最中にもアプリを操作できます。

容量2GBのベーシックプランのほか、容量20GBの「ニコン製品保有者向けプラン」も用意されています。

すでにニコン製品を活用している人なら、ぜひ使いたいアプリと言えるでしょう。

「Amazon Photos」

通販サイトなども運営している、アマゾンが提供する写真共有アプリです。

このアプリでは、スマホやパソコンに保存されている写真を自動的に保存してくれます。

そのためアップロードに過度な時間がかかることもなく、万が一スマホを失くしたり、データを紛失したりしても安心です。

アマゾンプライム会員の場合には容量無制限のため、日頃からショッピングサービスや動画サービスをプライム会員として楽しんでいる人なら、使わないと損と言えるでしょう。

「30days Album」

こちらのアプリではその名の通り、30日間限定のアルバムを作成できます。

期間限定公開というセキュリティ環境が整っているため、「子どもの写真をアップロードして、悪用されないか不安」という人でも安心して利用できます。

写真を共有するときには「合い言葉(パスワード)」も設定でき、合い言葉を知らない人は写真の閲覧や共有ができません。

クローズドな場所で、大事な写真を信頼できる人とだけ共有したいという思いに寄り添ってくれます。

閲覧の際の会員登録は不要なため、共有したい相手に手をわずらせることもありません。

まとめ

大事な写真を共有するときには、できれば少ない手間でスムーズに済ませたいと思うのではないでしょうか。

今回ご紹介したアプリを活用しながら、大切な子どもの写真を簡単に共有してください。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます