大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > スマホでイルミネーションを撮るのは難しい?準備から機能までポイントをご紹介

2019.11.20

スマホでイルミネーションを撮るのは難しい?準備から機能までポイントをご紹介

27View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

きれいなイルミネーションは「写真に残しておきたい!」と思うものですが、一方で夜景をきれいに撮影するのにはテクニックが必要です。

しかし、コツさえつかめば手持ちのスマホでも、イルミネーションの美しさをそのまま残すことができるんです。

今回は、スマホでイルミネーションをきれいに撮るために意識したいポイントをご紹介していきましょう。

撮影前の準備

まずは、撮影前にすべき準備やスマホでの写真撮影の基本からチェックしていきましょう。

特に欠かせない準備は、あらかじめレンズを拭いておくことです。

カメラと違い、スマホの場合は「カメラレンズはスマホの一部」として、特別に意識しないまま扱っているのではないでしょうか。

そのためレンズが汚れた状態の人も多いと思いますが、そのまま撮影するとイルミネーションの光がにじみ、ぼやけた写りになってしまいます。

撮影前にはメガネ拭きやコットンなど、レンズを傷つけないアイテムを利用して汚れを落としておきましょう。

また、フラッシュは「オフ」にしておくことが大切です。

暗い場所でフラッシュをオンに設定してしまうと、画面全体が白っぽく不自然な仕上がりになりかねません。

また、夜景はどうしてもブレやすいことから、できるだけ手ブレをしないようにしておくことも重要です。

シャッターボタンを押すときには、テーブルや壁にひじを固定したり、セルフタイマーを利用したりして手ブレが起きづらい環境を作りましょう。

時間帯にまつわる撮影ポイント


撮影が難しいイルミネーションを撮るときには、撮影する時間帯にもこだわりましょう。

一般的にイルミネーションは夜に撮影するものですが、真っ暗な環境は撮影が難しくカメラ初心者は思うような写真が撮れないかもしれません。

そのため、完全に日が落ちる前の薄明かりの中で撮影すると、失敗しづらくなります。

西の空にだけ赤やオレンジの明かりが灯る時間帯には、グラデーションの美しさとイルミネーションの美しさが融合した幻想的な写真が撮れるかもしれません。

その日の天気によって写真の仕上がりも変わるため、どんな写真が撮れるかわからないのも楽しみになりますよ。

イルミネーションの前で人物を撮影してみよう

人物を撮影するときには、できるだけ顔をイルミネーションの光に近づけると明るく見せることができます。

一方で、イルミネーションが明るすぎる場合には背景に対して被写体がどうしても暗くなってしまう可能性があります。

その場合は、被写体の顔など暗さが気になる部分をタップし、全体の明るさを簡単に調整しましょう。

スマホではタップするだけで明るさを部分補正できるため、人物を効果的に際立たせることができます。

子どもの笑顔を目立たせたいときには、あえて背景のイルミネーションをぼかし、手前の子どもを明るく見せるのもおすすめです。

スマホの設定を調整して理想の仕上がりを実現しよう

ますます精度が高くなっているスマホを活用するためには、スマホならではの機能もうまく利用しましょう。

たとえばスマホ側で夜景モードの設定ができるのであれば、設定しておくことでイルミネーションを撮りやすくなります。

また、iPhoneの「Live Photos」というモードでは、シャッター前後の映像を1.5秒ずつ残してくれます。

動画モードではありませんが、動きや躍動感を残すことができるため、イルミネーションのまたたきをリアルに記録するため活用するのもいいかもしれません。

実際に撮影する際には、今一度カメラの設定を見直して「明るさ」と「ピント」を調整しましょう。

暗すぎる写真、ピントのずれた写真はどれほど被写体が美しくてもいい写真とは言えません。

あわせて確認したいのが「ホワイトバランス」の設定です。

青や赤など、色味を調整することで普段の写真とはひと味違った仕上がりが実現できます。

フィルターや玉ボケ撮影でワンランク上の写真に


さらに、イルミネーションの光に注目し、撮り方を工夫することでユニークな写真を撮ることができます。

イルミネーションや夜景を撮るときに覚えておきたい定番の撮影テクニックが、玉ボケ撮影です。

きちんとピントを合わせて撮影するとくっきりとした光の粒が表現できますが、あえてピントを外して撮影することによって、ぼんやりと丸い玉ボケが撮影できます。

ふんわりとした柔らかいイメージに仕上げられるため、撮りたい写真のイメージに合わせて撮影してみましょう。

さらに、AE/AF LOCK機能を使えば、手前のものにフォーカス合わせてロックをした状態で、離れた場所にあるイルミネーションを撮ることもできます。

これによって、イルミネーションの美しさはもちろんのこと、周辺環境や人物など被写体を重視した写真も撮りやすくなるでしょう。

また、ロマンチックな印象にしたいなら、クロスフィルターを活用するのもおすすめです。

クロスフィルターとは、その名の通り光を受けると×の形に輝かせてくれるため、イルミネーションの光を、もっと印象的に撮影できますよ。

まとめ

高機能なスマホがたくさん展開されている今だからこそ、少しコツをつかめばきれいな写真が撮れるようになるはずです。

スマホのカメラでも、美しいイルミネーションや夜景の写真を撮れるよう、研究してみてはいかがでしょうか?

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます