大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > ランドセルを買うのは誰?父方・母方の祖父母どちらが買うべき?円満にまとめるには

2022.10.26

ランドセルを買うのは誰?父方・母方の祖父母どちらが買うべき?円満にまとめるには

404View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

子どもにとっても保護者にとっても大切な思い出となる小学校の入学は、事前に準備すべきものもたくさんあります。

そのひとつとなるのが、6年間お世話になるランドセルですよね。

ランドセルを買う人や選び方について、きちんと理解を深めておきましょう。

ランドセルは誰が購入するのが一般的?

小学校の入学式前には、学校で使う筆記用具や教科書、ノート、体操服などを用意しなければいけません。

一般的にこれらのアイテムは、両親が購入することになるでしょう。

ところがひとたびランドセルとなると、両親ではなく祖父母が購入しプレゼントするというケースが多くなります。

その理由として、やはり祖父母の立場からも入学祝いを贈りたいという気持ちが挙げられるでしょう。

ランドセルは価格帯が広く、また筆記用具などと比べるとひとつで結構なお値段となります。

そのため「贈り物」として活躍しています。

「大切な日のお祝いをしたい」「金銭的な援助をしたい」という気持ちが、祖父母からのプレゼントという形につながっているのです。

もちろん、必ず祖父母から受け取るものであるというわけではありませんから、両親が購入しても構いません。

両親や子どもが「このランドセルがいい!」「このデザインにしてほしい!」といった要望を抱えているときには、あらかじめ祖父母に伝えてお断りするとよいでしょう。

サプライズで用意されてしまわないよう、できるだけ早めに両家の祖父母に自分たちで買うことを伝えておきましょう。

両家の祖父母がランドセル購入を申し出たら?

ランドセルの購入は祖父母が……という印象を抱いている人は多いですが、問題は「父方、母方どちらの祖父母なの?」ということではないでしょうか。

ときには両家の祖父母どちらからも「ランドセルを購入して、贈ろうと思っているんだけど」と伝えられることもあるかもしれません。

その場合は、心遣いを無下にしないよう慎重に対応しなければいけません。

特に注意しなければいけないのが、両家から申し出があったのにも関わらず父方もしくは母方どちらかのみの意見を通して勝手にランドセル購入する、という形になってしまうケースです。

ランドセル購入を申し出て、受け入れられなかったほうの祖父母からすると、気分はよくありません。

そのため両家で折半してもらう、一緒に買いに行くなどのどちらの意見も反映される対応をしましょう。

もしくは、両親を通じて両家の意見を聞いた上で「どちらかにランドセルをもう一方に学習机を買ってもらう」という方法をとるのもよいでしょう。

ランドセルを誰が買うかはいつ頃までに決める?

ランドセルを購入するときには、タイミングにも注意しましょう。

とは言え、「この時期に購入しなければいけない」という具体的な時期は決まっていません。

一般的には入学の約1年前となる、幼稚園の年中、2〜3月あたりから意識しはじめ、4~6月には購入することが多いようです。

そのため春前には、誰が買うのか決めた上で、どれを買おうか検討をはじめるとよいでしょう。

一年前と聞いて「早すぎるのでは?」と思うかもしれませんが、人気ブランドのランドセルとなると、一年前でも予約が埋まる場合があります。

すぐに完売してしまいほしいランドセルが手に入らなかった、とならないよう早めに準備するとよいでしょう。

入学シーズンとなる春頃には、各所でカタログが配られたり、ランドセルの展示会が行われたりします。

実物を目にしてみると、印象も変わるものです。

「こっちの色のほうがかわいい!」「こっちの色がきれいで好き!」など、子どもも自分なりのこだわりを見つけられるでしょう。

また、実際に背負ってみることができるのも展覧会の魅力です。

ランドセルを購入するときの注意点

ランドセルを購入するときには、とにかく早めに準備をはじめるのが大切です。

人気のランドセルは、早い時期に売り切れてしまうので、タイミングを逃すことがないよう注意したいものです。

特に、子どもから「このランドセルがいい!」と希望があったり、強いこだわりがあったりするときには必ず早めに対応しましょう。

一方で購入時期を遅らせることによって、安く購入できたという人もいます。

在庫処分の値引きでお得に購入できたというケースもあるため、あまりこだわりがなかったり、費用を抑えることを優先したりするときにはあえて待ってみるのもいいかもしれません。

そして、祖父母からランドセルをいただいたあとは、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

届いたランドセルを背負って写真を撮影し、送ることで祖父母も「贈ってよかった」と感じるでしょう。

フォトスタジオ「ハニーアンドクランチ」では、魅力的な家族写真撮影を叶えますのでぜひ入学前の記念写真にご利用ください。

まとめ

ランドセルは入学前のお子さんにとって憧れの存在であり、祖父母にとっても孫の成長を感じる、感慨深く特別な贈り物となります。

ランドセルを背負った立派な姿は、ぜひ写真にも残しておきましょう。

ハニーアンドクランチでは、ファミリーに優しいフォトスタジオづくりを実現し、家族みんなでリラックスした環境で素敵な写真を実現します。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます