大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 七五三の子どものヘアセットはどうする?相場費用や注意点

2021.2.18

七五三の子どものヘアセットはどうする?相場費用や注意点

3902View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

普段着から一変、子どもも大人もきれいに着飾る七五三では、衣装はもちろんのことヘアセットにもこだわりたいですよね。

「男の子の場合はどうすればいいの?」、「子どものヘアセットにはどのくらいの金額がかかるの?」など、気になることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもの七五三でのヘアセットにまつわる、知っておきたい基本情報をご紹介していきましょう。

「1日4組限定!待ち時間一切無し!
スタッフは全員女性の
撮影スタジオ「ハニーアンドクランチ」

ご利用者様の手書きアンケートの97.8%が満足と評価した、現役ママが作ったフォトスタジオです。
七五三写真撮影・お宮参り・百日祝い・お食い初め・初節句・入園入学誕生日などの子供の記念写真ならおまかせください!

七五三のヘアセットの相場費用とは?

多くの美容室では「七五三のお祝いなんです」と伝えれば、相応のプランを提案してくれるはずです。

ただし、美容室によってできることはまったく異なります。

例えば「ヘアセットのみを担当します」という美容室もあれば「メイクとヘアセットの両方を承っています」という美容室もあります。

さらに「七五三の和装の着付けから、メイク、ヘアセットまで一括で行います」という美容室もあり、内容によっても費用は変わります。

多くの場合、ヘアセットをオーダーしたときの相場費用は5000円程度が目安となるでしょう。

着付けやメイクが込みになるとプラス料金がかかるので、8000円~1万円程度見ておくことをおすすめします。

また、男の子は女の子に比べ割安になりやすい傾向があります。

さらに、七五三シーズンは美容室にとってあわただしい繁忙期になることから「フルセットで2万円」など普段の金額よりも割高の設定になっているケースもあります。

不安な場合には、お世話になる予定の美容室にあらいかじめ問い合わせておくとよいでしょう。

その際には、事前にきちんと「ヘアセットと、メイクの両方をお願いします。着付けはこちらで行います」や「着付けからメイク、ヘアセットまでオーダーしたいのですが」というようにきちんと伝えておきましょう。

そうでないと当日「ヘアセットだけだと思っていたので、メイク代金はオプション代金をもらいます」と言われるなど、お互いに不信感を抱くきっかけにもなりかねません。

男の子の「ヘアセット」とはどんなもの?

男の子となると「わざわざヘアセットをする必要があるの?」と思ってしまうかもしれませんが、せっかくの晴れの日ですから男女関係なくヘアセットをしたほうがよいでしょう。

男の子のセットには例えば、前髪をオールバックにするというスタイルがあります。

額を出すことでキリッと格好いい印象になり、和装にもスーツスタイルにも合いますよ。

もしくは、整髪料を使って髪全体に動きをつけてあげるというのもいいですよね。

毛先だけ巻いてみたり、ソフトモヒカン風にしてみたりと色んな工夫をしてみることで、普段の印象からがらりと変わるはずです。

男の子の場合、女の子に比べてヘアセットの費用が安くなりやすい傾向にあるため、着付けと合わせてお願いしてみるのもいいかもしれません。

女の子の「ヘアセット」とはどんなもの?

女の子のヘアセットは男の子に比べて費用がかかりやすい傾向にありますが、その分華やかにできるのが魅力です。

髪の長い子は特に、アップスタイル、ポニーテール、ハーフアップ、ツインテールとさまざまなスタイルから理想のものを選ぶことができます。

だからこそ当日になってから悩まないよう、美容室へ足を運ぶ前にやりたい髪型を見つけておくといいでしょう。

ファッション雑誌を見ながら、やってみたいヘアスタイルを一緒に探すのも楽しいですよ。

大人になったような気分でヘアスタイルを考える時間は、子どもにとっても思い出のひとときになるはずです。

髪の短い子でも「ツインテールにしたい!」などの希望があったときには、ウィッグやエクステを使えば希望のスタイルが楽しめますので、柔軟に考えてみましょう。

七五三のヘアセットをする上で注意したいポイント

七五三のヘアセットやメイクをお願いするときには、あらかじめ希望のスタイルを相談しておくことが重要です。

というのも、当日の限られた時間の中で「どんな髪型にする?」、「やっぱりメイクはこんなイメージで……」と調整していると時間がかかってしまいます。

七五三は、美容室はもちろん貸し衣装屋やフォトスタジオも混み合うものです。

ヘアセットに思わぬ時間がかかってしまうと、そのあとの予定がすべて後ろ倒しになってしまう……という状況にもなりかねません。

簡単な打ち合わせでスムーズにセットしてもらえた場合でも「本人はお姫様のような洋風なイメージをしていたのに、仕上がったら和風な雰囲気だった」というような、イメージ違いによる不満も起こりかねません。

せっかくおめかしをするのなら、本人の希望に従って細部まで思い通りにしたいですよね。

イメージにぴったりな写真があればそれを持参するなど、工夫しながらしっかりイメージを共有しましょう。

また、小物や髪飾りは美容室で貸してもらえるケースもありますが、ほとんどの場合は自分で用意することになります。

美容室から伝えられていないとつい忘れてしまうものですが、イメージ通りのスタイルにするためには忘れないように準備しておきましょう。

また、メイクについても同様に希望があれば写真などを用意してイメージを伝えることをおすすめします。

子どもがアレルギー持ちの場合には「口紅は使わないようにお願いします」など、一言伝えておくことも重要です。

写真館で予約できるケースもある

七五三当日に着付けをしてもらって、美容室でヘアセットをしてもらって、お参りに行って、食事会に行って……と予定をつめこむと、突然の予定変更があったときに融通が利かなくなってしまいます。

子どもも疲れてしまい、不機嫌になることもあるでしょう。

スムーズなスケジュールを立てるためには、複数の予定をまとめる方法はないか確認してみましょう。

例えば、写真館で着付けやヘアセット、メイクができることもあります。

七五三キャンペーンを実施している写真館をチェックして、相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

せっかくの七五三だからこそ、子どもも大人も満足がいくようにおめかししたいですよね。

男の子も女の子も衣装に似合うように、しっかりヘアセットをしましょう。

写真館でヘアセットのサービスを行っていることもありますので、まずは問い合わせてみてくださいね。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます