大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 子どものクリスマスフォトを撮ろう!室内・屋外できれいに撮影するコツ

2019.11.17

子どものクリスマスフォトを撮ろう!室内・屋外できれいに撮影するコツ

36View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

クリスマスは、年に一度訪れる楽しいイベントの一つ。

数日前から楽しみにしているというご家庭も、多いのではないでしょうか。

パーティーをしたりおでかけをしたりといった予定がある人も、特別な予定はないという人も、今年は思い出に残るクリスマスフォトを撮影してみませんか?

撮影のポイントをご紹介しましょう。

クリスマスらしい写真を撮影するポイント

何気ない写真にもクリスマスらしさを取り入れるためには、ツリーやリースなどクリスマスを象徴するアイテムをフレームインさせることが定番です。

まだ歩けない新生児でも、きれいに飾り付けたクリスマスツリーの前で記念写真を撮影すれば素敵な思い出フォトが完成します。

ショッピングモールや駅前など人が集まる場所には、大きなクリスマスツリーが飾られることもあるため、家族みんなで出かけた際に撮影してみるのもいいですね。

動きのある写真やストーリー性を感じさせる写真を撮りたいときには、完成したクリスマスツリーの写真だけでなく飾り付ける作業から撮影するのもおすすめです。

また、クリスマス当日にプレゼントを受け取った子どもが開封しているようすを写真に収めてみるのもいいでしょう。

うれしそうにプレゼントの包装を破いている姿や、プレゼントの中身を確認したときの笑顔は、何度見返しても幸せな気持ちになるはずです。

そのため、プレゼントを渡すときには、シャッターチャンスを逃さないようカメラを構えておきましょう。

室内でクリスマスフォトを撮るときのポイント

室内で写真を撮影するときにも、美しい仕上がりを実現するためできるだけ自然光を取り入れながら撮影しましょう。

クリスマスツリーと一緒に撮るのであれば、撮影のタイミングだけ窓の近くまでツリーを動かすなど、配置にもこだわるといいでしょう。

夜や曇りの日のように太陽光を十分に受けられない環境なら、なるべく照明器具の近くで撮影することを心がけてください。

そして、クリスマスらしい装飾品を自由に飾り付けたり、ユニークな衣装を身につけたりできるのも自宅で撮影する場合ならではの魅力です。

クリスマスツリーやリースを飾り付けるのはもちろん、クリスマスカラーの小物や人形を並べるなど、自宅をスタジオ気分で飾り付けましょう。

子どもには、クリスマスならではのサンタやトナカイの衣装を着せてみるのも楽しいですね。

兄弟がいればおそろいにしてみたり、親子で衣装をそろえてみたりしてもいいでしょう。

子どもが小さく、撮影がスムーズにいかない場合は気を引くためにお気に入りのおもちゃや、音が出るおもちゃも用意しておくことをおすすめします。

屋外でクリスマスフォトを撮るときのポイント

より自然で、高クオリティな写真を撮影したいときには屋外での撮影がおすすめです。

屋外では太陽の光を浴びながら撮影できるため、初心者でもきれいな写真を撮りやすくなります。

もらったクリスマスプレゼントを自慢する子どものようすや、クリスマスのおゆうぎ会で覚えたダンスを踊るようすも、屋外で撮影するだけでより印象的に変わるでしょう。

特におすすめなのは、晴れた日の昼間や明るい時間帯です。

まぶしい太陽に子どもが目を細めてしまうときには、斜め後ろあたりにおひさまが来るように構図を調整する「半逆光」で撮影すれば、自然な表情になります。

自宅の庭など人目が気になりにくい場所であれば、サンタの衣装などクリスマスらしい衣装に身を包んで撮影してみるのもいいですね。

クリスマスパーティーの様子を写真に残そう

クリスマスパーティーをするときには、楽しいパーティーの様子をしっかり撮影しておきましょう。

ごちそうの写真はもちろん、ごちそうを味わっている子どもたちの姿、シャンパンのコルクを開ける瞬間、クラッカーを鳴らす瞬間なども、逃せないシャッターチャンスになりそうですね。

可能であれば、料理中の雰囲気や、料理の完成を待ちきれない子どもたちの表情を撮影するのもおすすめです。

パーティー前のわくわくした雰囲気の写真も、あとから見返すと新鮮で楽しいものですよ。

クリスマスらしい風景の前で写真を撮ろう

クリスマスシーズンには、色んな場所にイルミネーションやクリスマスツリーが飾り付けられます。

ショッピングモールなどの施設内には、広場や壁沿いにクリスマスらしい装飾がされていることもあるでしょう。

近所にそうしたフォトスポットが見つかったら、買い物のついでに、きれいな風景の前で子どもと記念撮影をしてみるのもいいですね。

暗い場所できれいな写真を撮影するのは少し技術が要りますが、明るさやピントをきちんと設定すれば、スマホでも印象的な写真を撮ることができます。

露出補正やシャッタースピードの調整など、便利な機能を使いながら環境に合わせた最適な撮影方法を見つけてみましょう。

まとめ

クリスマスシーズンは、パーティーをしたりおでかけをしたりと楽しい予定も増えるのではないでしょうか。

そのとき、楽しい雰囲気が伝わってくる写真を撮影しておけば、時間が経ってからも見返すたびに楽しい気持ちになれるはずです。

構図やシチュエーションにもこだわりながら、クリスマスのわくわく感が伝わってくる写真を撮影してみましょう。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます