大阪で七五三の子供写真館撮影スタジオならハニーアンドクランチHOME > 子供写真撮影コラム > 選び取りとは?やり方、準備するもの、ユニークなアイディアをご紹介!

2019.4.9

選び取りとは?やり方、準備するもの、ユニークなアイディアをご紹介!

72View

※本コラムは株式会社BLJが運営しており、記事の内容・正確性の責任はBLJが有します。

           

子どもが1歳を迎えたら、お祝いや儀式を通じて今後の成長をお願いします。

その中でも、占いの要素を兼ねた「選び取り」は、ぜひ家族みんなで楽しみたいゲーム感覚でできる楽しい儀式です。

詳しいやり方や準備すべきもの、選び取りに取り入れてみたいアイテムなどをご紹介していきましょう。

選び取りとは?

選び取りとは、赤ちゃんが1歳を迎えた誕生日に行われる伝統的な儀式です。

無事に1歳を迎えたお祝いとして「一升餅」などの儀式とともに行われることが多く、ゲームのようにワイワイ楽しめることが特徴です。

選び取りでは、赤ちゃんの前にさまざまなアイテムを並べ、赤ちゃんが手にとったアイテムのイメージや関連性から赤ちゃんに適した職業や将来的に開花する才能を占います。

もちろん「必ず将来占い結果になる」というわけではありませんので、楽しみながら気楽にできる儀式です。

選び取りの基本的なやり方

選び取りではまず、自宅にあるさまざまなアイテムを用意します。

一般的には「筆」、「お金」、「そろばん」の3点が使われますが、それ以外のものでもかまいません。

そして赤ちゃんから少し離れた場所へ一列に並べ、赤ちゃんがどれに興味を示すか観察します。

観察していても赤ちゃんがなかなか動かない場合には、両親や家族が声をかけて誘導してあげてください。

また、あらかじめどのように赤ちゃんが「選び取った」と判断するか、決めておきましょう。

「最初に手にとったアイテム」なのか、複数のアイテムに手を伸ばしたときは「触っている時間が長かったアイテム」なのかというように、基準はそれぞれに決めてかまいません。

選び取りの定番アイテムとその意味

選び取りで古くから用いられている「筆」は、勉強や知識を表し、勤勉で頭のいい子になるようにという願いが込められています。

続いて「お金」は、その通りお金を持つことを意味しており、将来裕福になるという願いが込められています。

「そろばん」は商才を表し、商売繁盛の願いや将来手に職をつけるという意味があります。

地域や家庭によっても違うため、どのようなアイテムが使えそうか探してみましょう。

また、選び取りのアイテムは「○個以内でなければならない」というものではありませんので、自由に考えてみてください。

選び取りのアイテムにバリエーションを増やしてユニークに!

さらに、定番アイテム以外にも選び取りに使えそうなアイテムの一部をご紹介します。

箸やスプーン

食べるものに困らない、食に関する仕事に就く

ミニカー

行動力のある性格になる、自動車関係の仕事に就く

定規

真面目で几帳面な性格になる、建築・建設関係の仕事に就く

スマートフォンやタブレット

IT関連の仕事に就く

クレヨン

絵や芸術の才能がある、アーティストになる

美的感覚が鋭くなる、美容関連の仕事に就く

アクセサリー

美的感覚が鋭くなる、ファッション関連の仕事に就く

ボール

運動の才能が開花する、球技選手になる

鈴、タンバリン、楽器のおもちゃ

音楽の才能がある、アーティストになる

おもちゃの類は赤ちゃんに安心して持たせられるという魅力がありますが、選び取りでは公平でなくなる可能性もあります。

例えば、並べたアイテムの中に「いつも遊んでいるおもちゃ」があった場合、無条件でそちらに手を伸ばしやすくなるため、お気に入りのアイテムは使わないように気をつけましょう。

このほかにも、両親や祖父母の職業に関連するアイテムを用意するのもいいですね。

選び取りをするときの注意点

選び取りのアイテムを選んだら危険なものがないか、改めて確認することをおすすめします。

例えば理髪に関連するものとして「ハサミ」を用意したり、頭脳や知恵を象徴する「辞書」を用意したりすることも定番ですが、赤ちゃんが選び取る際や選んだあとに落としてケガをしてしまうかもしれません。

ハサミを使うならカバーをつけた状態で、本を用意するなら分厚さや重さがなく赤ちゃんでもきちんと持てるものを、というように安全な状態で並べてください。

また、選び取りをスタートするときは、周りに障害物がないかよく確認してからスタートしてください。

赤ちゃんがハイハイをしない場合には、手を伸ばしやすい範囲に並べることも大切です。

さらに、夢中になりすぎて大事な瞬間を逃さないように、選び取りの様子をきちんと写真や動画で撮影することも忘れないようにしましょう。

はじめての誕生日を迎える1歳のお祝いは、赤ちゃんが成長していく中で何度でも思い返すことになる、大切な記念の日です。

フォトスタジオでは、1歳を迎えた赤ちゃんの「今」を記念に残すための記念撮影キャンペーンも多彩に用意されています。

赤ちゃん用の衣装が豊富に揃っていたり、家族みんなでの撮影に対応していたりとキャンペーンの内容はフォトスタジオによっても違うため、比較しながら理想の記念撮影を叶えましょう。

まとめ

選び取りは、子どもの成長を占う行事であると同時に、家族も楽しい時間を過ごせるイベントです。

祖父母や兄弟、親戚なども誘った上で、意見を出し合いながらアイテムを選び、楽しい時間を過ごしてください。

漫画で分かるハニクラ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます